マナーを大事に

会場のウェルカムボード

結婚式は少しでも自分達のオリジナリティを演出したいものです。
本当に大切な人達だけを集めた式であれば尚更、普段お世話になっている御礼を伝えるためにも真心が分かるような演出を行ないましょう。
新郎新婦の気持ちを表現する上で欠かせないものと言えば、ペーパーアイテムが挙げられます。
ペーパーアイテムを使って式を盛り上げたい場合、手作りでアイテムを作るようにしましょう。
例えば来賓者の席にそれぞれメッセージカードを添えれば、大切な人達にいつもは伝えられない気持ちを届ける事ができます。
ペーパーアイテムは招待状や席次表で使うのが一般的ですが、新郎新婦によってはこうしたアイテムを使って積極的に来賓席を彩る方もおられます。
席ごとにテーマを決めてペーパーで小物を作り、配置するのもオシャレです。

ペーパーアイテムの中でも代表的なアイテムと言えば、結婚式の「招待状」が挙げられますが、結婚に合わせて招待状を出す歴史は大正時代から始まったと言われています。
冠婚葬祭と言えば基本的に家長が先頭に立つものですが、当時の招待状は新郎の父親が来賓者に送るものでした。
こうした歴史が近年では変化し、新郎新婦が送るのが一般的になっています。
また近年のペーパーアイテムはブライダルプランナーを通じて業者に発送してもらうのではなく、オーダーメイドで作る夫婦が増加しています。
ペーパーアイテムは自分達のオリジナリティを表現する上で大切なだけでなく、自作すれば費用削減に繋がります。
そのため近年では夫婦で用意する方が増えているのです。
もちろん全てを自分達で作るのは手間だと言う場合、組み立て式のアイテムも販売されていますので大変便利です。